• ホーム
  • 専門外来へ行くメリットとデメリット

専門外来へ行くメリットとデメリット

2019年10月05日
笑顔でスマホを使っている男性

ぜんそくやアトピー性皮膚炎のような特定の疾患に特化した専門外来へ行くことで、専門医によって的確に症状を診断してもらうことができます。
また的確な診断によって、治療に最適な薬を処方してもらえるメリットも大きいのです。
しかし一方で専門外来の多くが大学病院をはじめとした大規模な医療機関に限定されているので、通院に時間がかかるというデメリットもあります。
また近所の診療所の紹介状がない場合には、初診料が割高になるというデメリットもあるのです。
しかし専門外来へ行くときには、日常的な薬の処方などでは地域の診療所と連携することで、そのメリットを最大限に生かすことができます。
特に慢性的な疾患の場合には日常的な健康管理が重要なので、通常は近隣の医療機関で病状管理を行うのが最も効率的な方法です。
その一方で特別な検査を受けたいときや症状が悪化したときには、大学病院などの専門外来へ行くのがポイントです。
また検査結果や薬の処方状況などの情報を大学病院と地域の診療所で共有することで、常に的確な治療を継続することができます。
このように地域の医療機関が連携しながら治療を行うことで、患者の負担を軽減しながら専門外来を有効に活用できるようになるのです。

関連記事
専門外来には予約制が多い

専門外来とは、ある特定の病気に対しての診察を行う医療機関です。この専門外来は、全国的に増加しています。それは特定の症状に悩む患者が多くいるため、一般外来とは別に設けて、詳しい診察を行っていくためです。これを行うことで医療体制もスムーズにいき、患者も納得のいく診察をしてもらえます。そしてこのような専門

2019年08月31日
診察時間帯が限られる専門外来

医療機関を受診する際には「外来」と呼ばれる窓口で受付をしてから医師による診療を受けることになります。医療機関では内科や外科など多くの診療科目があり、疾患や治療内容に応じて受診する科目が異なります。通常の外来は一般外来と呼ばれていますが、外来の中でもある特定の分野の疾患や病気に対して専門的な診察を受け

2019年08月14日
ED治療の専門外来は存在するのか

現在40代の日本人男性5人に1人が、50代の方なら3人に1人がEDの症状に悩んでいるといわれています。勃起不全は命に関わるような症状ではありませんが、そのことによりストレスを感じたり、何事にも自信が持てず消極的になってしまうことがあり、与える影響の大きさは軽視できません。よく早期の治療が必要といわれ

2019年07月25日